<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/25のツイートまとめ

doctorunchained

大変失礼致しました。ツイッター上のリプライの作法については改善の余地があると反省しています。今後ともよろしくお願いします。 @shugito あとは、今までやりとりが無く、最初のリプライがあれだったので少し驚きました。
07-25 19:57

大変失礼致しました。ツイッター上のリプライの作法については改善の余地があると反省しています。今後ともよろしくお願いします。 @shugito あとは、今までやりとりが無く、最初のリプライがあれだったので少し驚きました。
07-25 07:55

安保徹に対する根強いニーズの根源とはなんなのだろう。雇用者である新潟大学側にもやはり彼に対するニーズがあるのだろうか。 @teamoncology @maturiya_itto 後学の為と自分に言い聞かせ講演会に行ってみましたが……
07-25 07:51

治験に対して「契約」の概念を持てる施設は日本では少数派。契約症例数を完遂しようという目的意識からして多くの場合希薄に感じられます。 @PharmaMedical 国から支援してもらうことが当たり前という意識もどうかと思う。仮に支援してもらったとしても、結果に対する責任をもつべき。
07-25 07:46

ありがとうございます。疾患領域にもよりますが、製薬会社目線だと「顔を出しとかなきゃ後々うるさいけど、症例数は見込めない」施設が複数含まれてますね(笑)。 @PharmaMedical ここでいう中核病院というのは、このことです。→http://t.co/jpoBkgz
07-25 07:40

やはりpersonalized healthcareの時代なのかな。図体のでかい製薬会社が適応できるかどうか注視。 @ins20 ALK阻害剤クリゾチニブは「第2のイレッサ」と有望視 癌研有明・西尾氏: 非小細胞肺がん(NSCLC)の特定の患者で劇的な効果をもたらす薬剤として…
07-25 07:35

いないことはないですが。同じチームに調剤薬局勤務経験者がいます。優秀な人で、現場を知ってる強みも間違いなくある。採用上不利になるキャリアとは思えないが…… 。確かに少ない。@mikisaku0810 製薬から調剤に転職する人は多いが、調剤から製薬に転職する人は少ない。なぜだろう?
07-25 07:23

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。