<< 2011-06- | ARCHIVE-SELECT | 2011-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/30のツイートまとめ

doctorunchained

昔は医師会の縛りが厳しくて、夜間診療や休日診療の抜け駆けをすると地域医師社会で村八分にされたと聞いたことがありますが、時代が変わってきたんですかね。基本、患者さんには良い変化かと。 @medicalnow 最近、気になっているのが、最寄り駅近くにできた「アフター5クリニック」。
07-30 13:48

どのチャンネルつけても若手お笑い芸人がいっぱいの番組ばかりであるのと同じ理屈ですね。決して彼らのスキルにニーズがあるわけではないという。 @Tats_y テレビ局が韓流ドラマをプッシュするのは、安くコンテンツを仕入れられて、そこそこの視聴率が取れるからじゃないのかな。
07-30 13:44

初めまして。薬って実は戦略物資的な側面があるので、どれだけ国内で開発、安定供給できるかは課題ですよね。極端な話、米国と戦争したら日本ではほとんどの薬が使えなくなるわけで。外資系製薬会社勤務の私が言うのもなんですが。 @htanino 食物だけでなく、薬も自給率上げないと。
07-30 13:40

スポンサーサイト

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/28のツイートまとめ

doctorunchained

おお、バチスタ? @medicalnewsjp Ai活用検討会報告書「政策に反映したい」-岡本厚労政務官:  厚生労働省の「死因究明に資する死亡時画像診断の活用に関する検討会」で座長を務めた門田守人・日本医学会副会長は7月27日、同検討会が取りまとめた報告書を岡本充功厚労...
07-28 08:54

やはりpersonalized healthcareの時代なのかな。 @ins20 ロシュ社のTarceva 特定の遺伝子変異を有する非小細胞肺がんの一次治療としてCHMPから承認勧告を受領 http://t.co/IvPWI7R #MBEXP
07-28 08:49

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/26のツイートまとめ

doctorunchained

初めまして。「エアコンのフィルターをこまめに掃除すると約5%の節電が可能」だそうですが、そういう気分だったわけじゃないですよね(笑)。 http://t.co/rAcNrQp @sdentyu 深夜にエアコンと空気清浄機のフィルターを掃除してみた。そういう気分の時、あるよね。
07-26 07:31

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/25のツイートまとめ

doctorunchained

大変失礼致しました。ツイッター上のリプライの作法については改善の余地があると反省しています。今後ともよろしくお願いします。 @shugito あとは、今までやりとりが無く、最初のリプライがあれだったので少し驚きました。
07-25 19:57

大変失礼致しました。ツイッター上のリプライの作法については改善の余地があると反省しています。今後ともよろしくお願いします。 @shugito あとは、今までやりとりが無く、最初のリプライがあれだったので少し驚きました。
07-25 07:55

安保徹に対する根強いニーズの根源とはなんなのだろう。雇用者である新潟大学側にもやはり彼に対するニーズがあるのだろうか。 @teamoncology @maturiya_itto 後学の為と自分に言い聞かせ講演会に行ってみましたが……
07-25 07:51

治験に対して「契約」の概念を持てる施設は日本では少数派。契約症例数を完遂しようという目的意識からして多くの場合希薄に感じられます。 @PharmaMedical 国から支援してもらうことが当たり前という意識もどうかと思う。仮に支援してもらったとしても、結果に対する責任をもつべき。
07-25 07:46

ありがとうございます。疾患領域にもよりますが、製薬会社目線だと「顔を出しとかなきゃ後々うるさいけど、症例数は見込めない」施設が複数含まれてますね(笑)。 @PharmaMedical ここでいう中核病院というのは、このことです。→http://t.co/jpoBkgz
07-25 07:40

やはりpersonalized healthcareの時代なのかな。図体のでかい製薬会社が適応できるかどうか注視。 @ins20 ALK阻害剤クリゾチニブは「第2のイレッサ」と有望視 癌研有明・西尾氏: 非小細胞肺がん(NSCLC)の特定の患者で劇的な効果をもたらす薬剤として…
07-25 07:35

いないことはないですが。同じチームに調剤薬局勤務経験者がいます。優秀な人で、現場を知ってる強みも間違いなくある。採用上不利になるキャリアとは思えないが…… 。確かに少ない。@mikisaku0810 製薬から調剤に転職する人は多いが、調剤から製薬に転職する人は少ない。なぜだろう?
07-25 07:23

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/24のツイートまとめ

doctorunchained

大病院で疲弊した/目端の利く医師はクリニック開業。残った人材は教育と臨床に追われて治験を受ける余裕無し。治験のインフラをSMOに依存する開業医が「拠点」とはなりえるはずもない。 @PharmaMedical 人材の継続雇用で困っている中核病院の受け皿とも言われているけど…
07-24 23:27

新研修制度で現場を疲弊させたMHLWに、同じ口で拠点病院云々を語られても……。この数年で施設選定が困難になったことを体感しているからだ。 @PharmaMedical 「厚労省は、拠点病院に治験を集中させる方針を(中略)製薬企業はどの病院で治験を進めるのがいいか判断しやすくなり…
07-24 23:20

「PMDAの自己評定、3項目で最高評価」――会社で全文を読んだが、定量化できるKPIを達成したのだから、これには文句なし。残るはPMDA側の人材の増強と、治験環境の整備か。後者の、畑を耕す作業がPMDAの責務なのかどうかはわかりませんが。 http://t.co/8jFq6bs
07-24 23:13

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/22のツイートまとめ

doctorunchained

気分を害されたのであれば謝ります。ただ、「独り言」とは言っても、ツイッターを使えば公に放たれるものだし……というのが私の理解です。 @shugito @doctorunchained さんは、ツイッター初心者の方でしょうか。私の独り言です。多くのツイートはスルーして良いと思い……
07-22 19:53

ありがとうございます。とりあえず自分の仕事に必要な知識に重大な欠落があったわけではないことがわかって安心しました。 @shugito @doctorunchained さんの言うように、臨床における構造式という情報の必要性は非常に小さい。知らなくても良い情報とすらいえる。私も……
07-22 19:49

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/19のツイートまとめ

doctorunchained

喧嘩を売っているわけではないのでご容赦を。現場を知る医師社員として、私は企業内にあっても常に患者さんを念頭に置いて仕事をしているつもりです。構造式をイメージすることは我々の仕事に、患者さんに、どういったメリットをもたらすか、ご教示頂けると幸いです。 @shugito
07-19 23:43

医者としても製薬企業社員としても構造式を意識したことはありません。薬剤アレルギー絡みで頭を掠めるくらい。患者様にとっては芸術的分子構造よりも機能が重要なのでは? @shugito 医薬品を扱う際に、化合物の構造式をイメージしている医療従事者(製薬企業社員含む)はどれだけいるのか…
07-19 23:38

GSKは「Clinical trials of antidepressants are most expensive」という理由でうつ病領域から撤退を決めているのにね。http://t.co/YDMS2HC @ins20 「うつ病の私や家族を支えてくれた”ことばの贈りもの”」募集
07-19 19:41

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/18のツイートまとめ

doctorunchained

彼らは無能からは程遠い存在だが、同規模で異業種の企業の、同レベルの役職にあるシニアマネジメントと比べて、製薬会社の経営陣が優れている場合は稀であろう。彼らは、10年以上前から2010年問題を想定可能であったにも関わらず、それを回避するための施策を誰一人みつけだせなかったのである。
07-18 17:03

これまでの製薬企業の隆盛は、ジャンルそのものの勢いによるものだったのではないかと思っている。山崎元氏の著作に出ていた表現を借用するならば、単に、立地条件が良いお店が儲かっていたようなものなのではないかと。製薬企業の経営陣が優秀だったためでは、少なくとも絶対にないだろう。
07-18 16:57

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/17のツイートまとめ

doctorunchained

行く度に思うが、PMDA(医薬品医療機器総合機構)は、何だかんだ言って、ゆっくりとだが、方向性をもって変わっているように思う。翻って製薬企業側はどうだろう。拙速で無節操な変化を繰り返しているだけで、一定の方向に進んでいるようには見てくれない人もいるのではないだろうか。
07-17 09:20

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/06のツイートまとめ

doctorunchained

うらやましい。外資では、専門職は本来業務に専念⇔リストラでスリム化を図るのでできる雑務は自分で、と、方針が景気によってぶれまくり。昨今は後者。@ShinNakajima 非医療職も増やして、医療職が本来業務に専念できるシステムにしているところが1番うまく回っているように見えます。
07-06 07:55

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/02のツイートまとめ

doctorunchained

インド参加の治験が増えてる背景ですよね。英語文書の受け入れがいいのも欧米の製薬企業には好都合。国際共同治験は安く早くが肝要、の証左。 @BBT_Kenko 「臨床治験天国」インドの闇。公的医療制度の不備を突き、貧困層相手に低コストで新薬の実験を行う治験ビジネスが急成長している。
07-02 08:25

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

>> EDIT

07/01のツイートまとめ

doctorunchained

ちなみに、米国主導の国際治験に参加した非先進国などでは、治験が成功を収めても自国では承認申請しないこともしばしば。要するに米国が、試験を早く安くあげるために患者や人的リソースをそうした国々で買っているのだ。ベトナムで縫製されたユニクロのデニムをベトナム人が履かないようなものか。
07-01 23:31

米国並みに国際共同治験に乗りたいのであれば、東欧と米国程度の民族差は呑まなければならないということ。あくまで「日本人における安全性」にこだわるのであれば、ドラッグラグは致し方ないところで、海外で有効性と安全性の確立した薬を、じっくりと時間をかけて国内治験で追試していけばよい。
07-01 23:25

国際共同治験とぶちあげてみても、要するに米国ローカル試験の海外拡張版であることが大多数。試験期間&コスト圧縮のための手段に過ぎない。米国と医療環境が大きく異なるであろうルーマニアやロシアの東欧諸国が参加する試験が多いのはひとえにそのため。
07-01 23:08

| 未分類 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Please Click!!⇒】にほんブログ村ランキング投票
【Please Click!!⇒】人気ブログランキング投票

⇒メインサイト「医師の転職.net」トップページへ

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。